ほうれい線対策

美しさとアンチエイジングに敏感な女性はもちろんのこと、男性も、加齢と共に目立ってくる「ほうれい線」は気になるところですよね。

ほうれい線が目立つようになる主な原因として、「肌のたるみ」があげられます。加齢により表情筋が衰え、肌のハリがなくなってくると、肌がたるんでしまうため、ほうれい線が目立ってきます。
また、紫外線や乾燥、更には、不規則な生活、睡眠不足、暴飲暴食、喫煙、ビタミンCやコラーゲンの不足、精神的なストレスなどによってもほうれい線は深く現れてくるようになるのです。ですので、ほうれい線対策としては、まず、表情筋を鍛えることから始めます。

大きな口を開けて話すようにしたり、笑ったりするだけでも違います。笑うときに大きな口を開けることは、表情筋を鍛えるだけでなくストレス解消にもつながるので、ほうれい線対策には大切なことと言えるでしょう。口を動かす、といえば、歯科医の宝田恭子先生考案の、口周りの筋肉を鍛えるエクササイズ、「オーラル宝田メソッド」がありますね。


⇒オーラル宝田メソッドをチェック


表情筋を鍛えるマッサージは、雑誌などにもたくさん掲載されていますので、自分が無理なく続けられる方法を取り入れて実践してみると良いでしょう。紫外線や乾燥も、ほうれい線を目立たせる原因となりますので、日頃の日焼け止め対策や保湿はきちんと行いましょう。

保湿は化粧水だけでなく、水分を逃がさないために乳液なども使うことを忘れないで下さい。そして、煙草は、ビタミンCの効果を半減させるため、禁煙したほうがいいでしょう。それが出来なくても、喫煙者はビタミンCが不足しがちなわけですから、サプリメントなどで補う必要があります。もちろん、喫煙者でなくても、ビタミンCやコラーゲンも、不足していると感じている人は、補う工夫をしてくださいね。