ほうれい線予防の重要性

あなたは、なぜ、ほうれい線の予防が必要だと思いますか?
ほうれい線が目立つかどうかは、その人の見た目年齢に大きく影響し、ほうれい線が目立っている人は、そうでない人より、軽く5歳は老けて見える、と言われています。

ほうれい線の主な原因は「顔のたるみ」です。ほうれい線が目立つようになってくるということは、頬の皮下組織にある繊維が細くなり、弾力性も低下しているということなのです。そして、重力に耐えられなくなった皮膚は垂れ下がり、老けて見えるようになるということです。

いつまでも若く、美しくありたいと思う人にとっては、とても嫌な存在ですね。また、たるみは、重力によるものだけでなく、表情筋が硬くなって縮んだり、加齢によって顔筋が緩んだ結果、起こります。

30歳を過ぎた頃から、年齢を重ねるごとに代謝機能は低下していき、セルライトが作られやすい体になっていきますが、驚くべきことに、この「セルライト」、重力に逆らわず、何もしていない顔にもできてしまい、顔中、毒素でいっぱいになってしまうのです。セルライトにより血管、リンパ管が圧迫され、顔色が悪くなるだけでなく、くすみ、クマを目立たせ、たるみやむくみが起きるようになります。こうしてまた、より一層、見た目年齢が老けて見えてしまうということです。

ほうれい線は1度目立つようになると、簡単には消すことができません。ですので、今のうちから、日々、表情筋を鍛えたり、リンパを刺激するフェイスマッサージを行うなどして、ほうれい線予防をしておくことが大切ですね。